本文へスキップ

山口県周南市の眼科クリニック、石川眼科です。

TEL.0834-28-7822

〒745-0823 山口県周南市周陽2-7-15


緑内障について

 Q 検診で視神経乳頭陥凹の拡大といわれました。これはなんでしょうか?

A 視神経乳頭陥凹の拡大、というのは、緑内障の疑いがある、という意味です。
眼科受診をお勧めします

Q 病院で緑内障といわれましたが、すごくよく見えます。
視野が狭い、と言われましたが、自分ではちっともわかりません。
それでも、治療は必要ですか?

A 緑内障はかなり進まないと自分で見えにくさや視野の狭さを自覚しません。

病院での視野検査で明らかに異常があっても、患者さんご自身では視野異常を自覚されていないことも多いです。

しかし、緑内障は「見えにくくなってから治療を始めよう」では、遅すぎることも多いのです。

緑内障は神経が痛む病気ですから、神経再生ができない現在、緑内障で進んでしまったものは元には戻せないのです。

それが、緑内障は早期発見、早期治療が大切、といわれるゆえんです。

眼圧がすごく高くなると、ぼやけて見えたり、目が充血したり、頭痛がする人がほとんどです。
しかし、眼圧が20mmHgから30mmHg程度では患者さんご自身ではまずわかりません。
眼圧が30mmHgを超えても、見えにくさを感じないことも多いです。

と、心配になるようなことばかり書いてしまいました。
心配しすぎてもいけませんが、「よく見える」と自己判断して、放置してもいけない、ということです。
医師の指示通りに治療、受診されることをお勧めします。


Q 緑内障と眼科でいわれました。何か気をつけることはありますか?
A 医師の指示通りに定期的に受診して、処方された薬をちゃんと使用することが一番大切です。

緑内障によくないといわれるのは、ストレスとたばこです。

ストレスを減らせるものなら、減らしたいですが、そうはいかない人がほとんでしょう・・・・

タバコは網膜の血流量を減らすので、よくないといわれています。

現在、保険適応で禁煙治療もできますので、内科でご相談されてもよいと思います。

Q 緑内障の点眼薬をさすと、眼が赤くなります。どうしたらいいでしょうか?
A 点眼薬の副作用の可能性が高いです。角膜に傷がついていることもあります。
主治医の先生に、相談してください。
自分で薬をやめるのはよくないです。
なんとか、工夫して、その薬が続けられるかどうか、また、薬をやめるのなら、ほかの薬を増やしたほうがよいかを、ご相談されたほうがいいと思います。

Q 緑内障の予備軍といわれました。これはなんでしょうか?
A 眼科機械の進歩により、緑内障で視野異常を生じる前の段階も検査でわかってきました。
よっぽど眼圧が高くなければ、視野が正常なら、治療は不要なことが多いですが、緑内障がすすんでいないかどうか、定期的に眼科で検査を受けることをお勧めします。


ISHIKAWA EYE CLINIC石川眼科

〒745-0823
山口県周南市周陽2-7-15
TEL 0834-28-7822
FAX 0834-28-7825